労働衛生を管理する資格

勉強

衛生管理者の試験は、「第一種」「第二種」「衛生工学」3種類に分かれています。このうち第一種の資格を取得することで、全ての事業所に有効に使うことができます。暗記することで合格する率が高い試験なので、自分努力次第で合格できる試験です。

詳細を確認する...

表示登記の専門家

不動産の最初の登記とは

ノート

不動産を購入した場合、まず一番最初に行う必要があるのが不動産登記の手続きです。日本では登記に公信力が認められていませんので、登記がなくても不動産を所有することができます。ただし、不動産の所有者が誰であるかを登記簿上で明らかにしておかないと、登記を信用して新たな取引関係に入った第三者に対し、自分の権利を主張することができない決まりになっています。そのため、不動産を購入した人は、まず何よりも先に登記名義を自分名義にする手続きを取ることになるのが一般的です。ただし、新築した新しい建物には、登記が存在していません。したがって、どのような状況の不動産が存在しているのかを調査して、それを正確に反映した原始登記を新たに作る必要があります。それが表示登記と呼ばれるものなのですが、この業務を独占的に行う権限を有しているのが土地家屋調査士です。

資格を取るためには

土地家屋調査士になるためには、法務省の職員として一定期間登記事務に従事した後で法務大臣による認定を受けるか、毎年実施されている土地家屋調査士試験に合格するかのいずれかの方法を取る必要があります。現実的なことを考えると、土地家屋調査士資格を取るために公務員になって法務省で勤務するという人はいませんので、国家試験を受験することになります。誰でも簡単に合格できるような易しい試験ではありませんが、表示登記手続きや筆界特定手続きを独占的に取り扱えることが認められている資格であるため、土地家屋調査士試験の合格を目指して勉強している人が大勢います。最近は、インターネットで受講することができる通信教育講座も登場してくるようになり、多くの受験生が利用しています。インターネット講座であれば空き時間を利用して効率的に勉強することができるため、今後受講者数が増えるだろうと予想されています。

測量や不動産登記の専門家

勉強

土地家屋調査士は土地や不動産の登記や測量を行う資格であり、難関資格の一種です。この資格を取得する人に関しては建築関係に従事する人や法律関係に従事する人が多く、就職に生かすためよりも自身のキャリアアップのために受験する人が多いです。

詳細を確認する...

試験に短期合格するために

女性

司法書士試験に早期に合格するためには効率の良い勉強が大切です。この点、自宅で勉強する場合はテレビなど誘惑が多いため注意が必要です。もし学生ならば法律サークルに入る事も試験の情報入手に役立ちます。社会人の場合は、通勤途中などで勉強する事も効率良いと言えます。

詳細を確認する...